MacでiPhone写真の消し方をお紹介します。一つはMacを通じる方法、もう一つはMac版ソフトを通じる方法です

ではここに、この二つ消し方を簡単に説明します。

iPhone写真の消し方はたくさんありまして、個人情報を守るために一つたりとも手にはいたほうが良いです。iPhone写真、1次ファイルまたはキャッシュ、ログを含めるジャンクファイルが漏れられたら、犯罪に利用される可能性があるので、定期的に整理すべきです。削除できると宣伝するソフトで消したそばから、テータが復元することに困る時、
「スマホデータ完全消去(Mac版)」の無料体験版からお試してください。

Download SafeEraser on Windows Download SafeEraser on Mac


一、どのようにMacを通じてiPhoneにある写真を消しますか。

MacとiPhoneの接続を用意しておき、iTunesで写真を同期化させます。一般的に、写真は「ピクチャー」に支配されますから、同期化しているうちに「ピクチャー」にある写真もiTunesと同期します。同期した後、まるでバックアップがとるように「ピクチャー」に同じiPhone写真が現れます。その後、「ピクチャー」からでたiPhone写真を削除すればいいです。言い換え得れば、MacでiPhone写真消去とはiPhone写真をiTunesと同期化により、「ピクチャー」からiPhone写真を消すということです。

二、iPhone写真にはどのように「スマホデータ完全消去(Mac版)」を使うのかを説明します。

個人情報を守るために、iPhoneにあるデータを永遠に削除する必要があります。ただ写真のみならず、ファイルやCOOKIEも定期的に整理すべきです。たとえ、削除できると宣伝するソフトを使っても復元できるかもしれないから、完全に消去とは言い切れません。ですから、本日ここにiPhone写真、1次ファイルまたはキャッシュ、ログを含めるジャンクファイルの削除に対する「スマホデータ完全消去(Mac版)」という専門ソフトをお薦めします。

Wondershare「Dr.Fone for iOS」を利用しようが、iPhone写真復元するのは無理なんです。

「スマホデータ完全消去」で写真を削除したが最後、たとえ復元ソフトを利用しても、データは戻れません。最も進んだ消去技術を用いるから、データ残りまたはデータ復元「スマホデータ完全消去(Mac版)」だと心配するまでもありません。

使い方は以下のようになります。

1. iPhoneとMacの接続を用意しておきます。

インストールしたWondershare 「スマホデータ完全消去(Mac版)」を起動してから、USBケーブルを通して、iPhoneとMacの接続を用意しておきます。繋いだiPhoneが検索されると、このような画面が見えます。プライバシーを保護するために、個人情報や削除されたファイルを削除しますと注意されます。

guide400

2.「全てのデータを消去」という選択肢をクリックします。

メイン画面の左側に「全てのデータを消去」という最後の選択肢をクリックします。その後、右側の中央下に出た空欄に「消去」を入力してから、「今すぐ消去」を選んでください。

guide401

3. データ削除が終わると、デバイスの再起動を許してください。

 データ復元を防ぐために、「デバイスの空き領域を埋める」機能がオートマチックに起動します。「停止」を選択しないで、終わるまでお待ちください。

guide402
 MacでiPhone写真の消し方に悩んでいる皆様はぜひ「スマホデータ完全消去」をお試してください。ただいま、無料体験版をお提供しており、興味のある方々はウェブサイトに行ってください。

Download SafeEraser on Windows Download SafeEraser on Mac